解表薬


解表薬

効能

体表の邪を発散することで、表証を治癒させる薬物。すなわち、体表に取り付いた邪(客した邪)を発汗などにより除去したり、散じたりする(発散)薬物をいう。発散作用以外にも、平喘、利水、止痛などの作用を有する。

気味

  • 辛温解表薬は辛温
  • 辛涼解表薬は辛涼
  • 分類

    辛温解表薬

  • 風寒の邪を発散させる薬物で、外寒風寒表証に使用される。辛涼解表薬に比べ発散力は弱い。すなわち、悪寒が強く発熱が弱い、無汗、頭痛、身体痛、薄白苔、脈浮緊などの症状に使用される。
  • 辛凉解表薬

  • 風熱の邪を発散させる薬物で、辛温解表薬に比べ発散作用は緩和である。外感風熱表証や風温証、風熱証などに使用される。すなわち、発熱、微悪寒、咽頭乾燥、咽頭痛、口渇、薄黄苔、脈浮緊などの症状に使用される。
  • 辛温解表薬

    1. 風寒感冒使用薬 発散力が強い
    2. 麻黄、桂枝、紫蘇葉、荊芥

    3. 軽度発散薬
    4. 発散力が弱い
      防風、羌活、生姜

    辛凉解表薬

    1. 風温証・風熱証使用薬
    2. 薄荷、牛蒡子、紫蘇葉

    3. 昇堤中気薬
    4. 脾虚下陥証に使用される。
      柴胡、葛根、升麻

    辛温解表薬

    風寒感冒使用薬

    麻黄まおう
    辛微苦 温 肺膀胱 マオウ科シナマオウなどの地上茎。
      麻黄 マオウ『肺経の専薬』といわれ、肺に働きかけることで、解表発汗、宣肺、利水の各作用を行う。

    1. 発汗解表(←辛:発散)
    2. 腠理を開き発汗させ、風寒の邪を強力に散らして、表証を治癒させる(解表)。無汗、悪寒、頭痛、身体痛、脈浮緊などの表寒実証(寒>風)に用いられる。 [麻黄+桂枝(解肌発表):麻黄湯、葛根湯]

    3. 宣肺平喘(止咳平喘)
    4. 寒飲や熱邪のために閉塞され、詰まった肺気を、宣肺作用を高めることで流暢にさせる。咳嗽、喘息などの呼吸困難(気喘)に用いられる。[麻黄+杏仁(降気):小青竜湯、麻黄+細辛(温肺化痰):麻黄附子細辛湯、麻黄+石膏(清熱瀉火):麻杏甘石湯]

    5. 利水消腫(←苦:泄燥降、膀胱が帰経:堤壺掲蓋)
    6. 肺の通調水道を強めることで、利水作用を起させる。(老廃物を膀胱までおろす)悪風、脈浮などの表証を伴う浮腫、風水、上半身の浮腫などに用いられる。[麻黄+白朮(健脾燥湿):越婢加朮湯]

    7. 透疹
    8. 麻疹の初期や湿疹に使用させる。他の透疹薬の補助として用いられる。(麻黄+熟地黄:陽和湯)

    9. 祛風湿
    10. 寒邪を散じ利水することより、風寒湿邪に使用される。[麻黄+薏苡仁(除湿):麻杏薏甘湯]
      [用法]
      1.5g~10g。発汗解表には少量、平喘利水には大量に用いる。生麻黄は発汗力が強い。炙麻黄は発汗量は弱まり平喘止咳作用が強まる。蜜炙麻黄は発汗力は弱まり、潤肺平喘作用に優れる。[注意]
      発汗力が強いため、表虚証の自汗や陰虚証の盗汗、腎虚の咳嗽(腎不納気証)には禁忌。

    桂枝けいし
    辛甘 温 心肺膀胱 クスノキ科ケイの若枝
      桂皮 ケイヒ表裏の陽気を温め、表邪を除き、気血を巡らせる。

    1. 発汗解肌
    2. 体表部に作用し、よく温めて、軽度に発汗させて表証を取り除く(解肌:皮下組織の状態をととのえる)。風寒の外寒表証に使用されるが、表実、表虚証、有汗、無汗に関わらずともに使用可能。[桂枝湯]

    3. 温通経脈(心、肝→少腹)
    4. 経絡を温めて血行を促進し(通経)、風寒湿の邪を散じ、疼痛を緩和する。(辛甘化陽)
      a)上肢肩関節などの上部の風寒湿痺証に多用されるが、熱痺や寒熱錯雑の痺証にも使用される。[桂枝+附子(補陽・祛寒湿):桂枝加朮附湯,桂芍知母湯]
      b)寒による血の停滞(寒凝血滞)のため、月経痛、無月経[温経湯]、四肢の冷感[桂枝+呉茱萸(温中止痛):当帰四逆加呉茱萸生姜湯]、胃痛[桂枝+芍薬(緩急止痛):小建中湯]などに使用される。温経活血する。[桂枝(和血散瘀)+桃仁(破瘀):桂枝茯苓丸、桃核承気湯]

    5. 通陽化気
    6. 陽気(うごかすもの)が活発にしてよく巡らせ(通陽)、さらに痰湿を吸収し除く(化気)。以下の病態に使用される。
      a)肺や脾胃に痰飲が停滞し陽気が通りにくくなった病態。肺の寒飲停滞による咳嗽、水様透明痰、顔面の浮腫など。[小青竜湯]脾胃(脾陽虚、中陽不足)の水飲停滞(昇清が出来ないため)によるめまい、動悸、嘔吐など。[桂枝+茯苓(補益心脾):苓桂朮甘湯]
      b)膀胱の気化不全(邪魔があり、膀胱内まで陽気がとどかない→通陽≠温陽)による小便不利、浮腫など。[五苓散]
      c)心陽不振(質的な問題、量的な問題の心陽不足のときは補陽剤を使用)により陽気が巡らず、胸痛、痞満、動悸が出現した病態。[桂枝(通心陽)+甘草(益心気):桂枝甘草湯、炙甘草湯、桂枝+牡蠣(収斂気):桂枝加竜骨牡蛎湯]
      [用法]3~10g。風湿痺証の疼痛には多量使用も可。丸・散剤も可。
      [注意]温性が強いため、陰虚証、温熱性の疼痛、出血証には禁忌。妊婦、月経過多症には慎重に用いる。
      (帰経:脾肝腎という説もあり)

    軽度発散薬

    紫蘇葉しそよう
    辛 温 肺脾胃 シソ科シソなどの葉
      命名の理由は、中国の後漢末洛陽の若者が蟹の食べすぎで食中毒を起こし、死にかけていたところを、名医・華佗が薬を煎じ紫の薬を作ると、その若者はたちまち健康を取り戻し、紫で蘇ると言われ、「紫蘇」になった。
      風寒を生じ、気をめぐらせ肺や脾胃の気滞を去る。荊芥に比べ散寒性は強い。

    1. 発表散寒(←蘇葉:肺、辛味の発散作用)
    2. 発汗により風寒を散じて表証を治癒させる(発表:解表より弱い)。穏やかな薬性で、最も一般的な辛温解表薬。風寒表証の悪寒発熱、頭痛、鼻閉、無汗などに使用される。発汗力は麻黄についで強い。
      (1)一般的には風寒表証や胸悶・咳嗽を伴う風寒感冒に使用される。[紫蘇(解表化痰)+杏仁(降肺気):杏蘇散]
      (2)悪心・嘔吐・胃部不快感などを伴う胃腸型感冒、虚弱者の感冒(補益薬と配合)などに伴う。[紫蘇葉(理気和中)+香附子(理気):香蘇散、参蘇飲]

    3. 行気和中(←蘇梗:脾、辛味の動かす力)
    4. 気を巡らせ脾胃の気滞を緩和し(寛中)、脾胃の働きを伸びやかに調整し(和中)、嘔吐を止める。脾胃気滞の胸悶、胃部の重苦しさやつかえ、悪心、嘔吐などに使用される。[紫蘇葉+藿香:藿香正気湯、半夏厚朴湯]

    5. 行気安胎
    6. 気血が旺盛になっている妊婦の気を巡らせるとともに安胎(流産防止)作用もあり、妊娠嘔吐などに使用される。(妊娠時には温性になっているため薬性の温性に注意)[黄連+砂仁:胸腹の満悶、胎動不安に、紫蘇葉+黄連:妊婦の嘔吐精神不安に]

    植物の部位 生薬の効能
    表現力
    発散する
    のびやか、植物の骨格を主る
    栄養を得る
    果実 子孫を伝える

    荊芥けいがい
    辛 温 肺肝 シソ科ケイガイ花穂もしくは花穂付き茎枝
     japanese catnip せいようまたたび
      荊芥 ケイガイ紫蘇に比べ袪風作用に優れるが、辛温性は弱く、血分にも作用する。

    1. 祛風解表(辛肺)
    2. 優れた袪風作用を有し、よく風邪を発散し解表する。最も一般的な辛温解表薬(風>>寒)。温性、辛性は弱く、薬性は温和なため、風寒、風熱両証ともに使用が可能。風寒表証の悪寒、発熱、頭痛、鼻閉、無汗などに使用される。特に頭痛や咽頭痛を伴う感冒に多用される。[荊芥連翹湯,川芎茶調散]

    3. 止血(炒炭荊芥穂)
    4. 血文に作用して止血する。鼻出血、吐血、下血、崩漏(不正性器出血)、過多月経などに使用される。(辛味のため瘀血を生じない。)

    5. 疏風透疹、止痒、止痙
    6. 祛風作用により(湿疹は風湿熱、風邪を除くと他の邪気が取れやすい)瘙痒感(強い掻痒は血分、肝から治療が必要)や痙攣(破傷風の痙攣など風邪が肝経に入ったとき)を緩和し透疹する。[消風散、十味敗毒散、当帰飲子]

    7. 箍毒消腫(箍:限定させる)
    8. 膿が出来る前の湿疹の初期に毒を縮小してそのまま消す。(膿にする前に消す)

    防風ぼうふう
    辛甘 温 膀胱肝脾 セリ科ボウフウの根茎。
      防風 ボウフウ『全身を巡り、風邪による諸証を緩和する。祛風の重要薬』

    1. 祛風(太陽膀胱経)
    2. 強い祛風作用を有し、風邪による広範囲の疾患に使用される。祛風薬の多くは温性、燥性であるのに対し、微温でかつ燥性が弱い。これより、「風薬中の潤薬」と呼ばれる。寒熱両証に使用可能。
      a)祛風解表
      風邪を発散し解表する。発汗力は弱い。[十味敗毒湯]
      b)祛風勝湿・止痛(勝湿:風の通りを良くして湿を除く、甘の緩急作用で痛みを緩和する)
      (1)風寒湿痺証の筋肉関節痛、しびれなどに使用される。特に風邪が強い証に用いられる。[疎経活血湯]
      (2)局所の熱感、発赤などがある寒熱錯雑証や熱証の痺証にも使用される。[桂芍知母湯]
      (3)風寒証の頭痛や止痛に使用される。[川芎茶調散]
      c)祛風止痙
      祛風により、筋を緩め痙攣を緩和する。止痙力は弱く、補助薬として使用される。顔面神経麻痺、破傷風などの牙関緊張、痙攣、角弓反張などに使用される。
      d)祛風止痒
      祛風により掻痒感を緩和する。風熱の発疹や皮膚掻痒感に使用される。[消風散,治頭瘡一方,清上防風湯]

    3. 止瀉(根→脾)
    4. 肝脾不和の下痢や腹痛に使用される。脾に入り勝湿する。脾の昇清機能をアップし肝脾のバランスをとる。[痛瀉要方]
      (帰経に肺に入らないことに注意)

    羌活きょうかつ
    辛苦 温 膀胱肝 中国(四川・雲南・甘粛省)に産するセリ科の多年草Notopterygium incisum Ting ex H. T. ChangまたはNotopterygium forbesii Boissieuの根茎および根
    (和キョウ活はウコギ科ウドの若根を乾燥させたもの)
      『その気は雄にしてよく散ず』

    1. 発散風寒
    2. 風寒の邪をよく散じ寒湿を除く。風寒証で、特に頭痛や身体痛を伴う病態に使用される。
      太陽膀胱経に作用。

    3. 祛風・勝湿止痛
    4. 祛風し湿を除くことで止痛する。
      a)風寒湿証や風寒、風熱による関節痛、筋肉痛に使用される。特に頭部、肩などの上半身の病症に多用される。[大防風湯,二朮湯]
      b)風寒による頭痛(特に後頭部:太陽経)や止痛に使用される。[川芎茶調散]
      c)風湿の湿疹にも使用される。[消風散]
      (帰経は、太陽グループ)

    白芷びゃくし
    辛甘 温 肺胃 セリ科ヨロイグサなどの根
      温燥除湿作用が強く『よく頭面諸症を治す』といわれ、頭部、顔面の諸疾患に多用される。

    1. 祛風解表止痛
    2. 肺胃(鼻口)から入って、祛風し湿を除き止痛する。頭痛、めまい、鼻閉を伴う湿邪が強い風寒表証、風寒や風湿による頭痛、歯痛などに使用される。前額部や眉稜部の疼痛(陽明頭痛)に適する。[川芎茶調散]

    3. 通鼻穹
    4. 鼻閉鼻汁や前額部の脹滿痛を緩和し、鼻腔の通気を良好にする。(通鼻)鼻炎などに使用される。

    5. 排膿消癰
    6. よく排膿を促進し、皮膚化膿症の初期で発紅腫脹疼痛のあるものに使用される。化膿後にも使用される。1.の祛風作用により掻痒にも使用できる。[清上防風湯,荊芥連翹湯]

    7. 燥湿止帯
    8. 強い除湿作用により帶下を止める。寒熱の帶下を止めるが、湿熱帶下にも用いられる。陽明胃経から衝脈につながり、帶下を止める。)
      (帰経は、陽明グループ)

    辛夷しんい
    辛 温 肺胃 モクレン科タムシバやコブシまたはその他近縁植物のつぼみ
    (毛があるため包煎する)
      辛夷 シンイ

    1. 通鼻・散風寒(つぼみ→鼻)
    2. 鼻腔の通気を良好にする(通鼻)。鼻淵、鼻閉、粘性鼻汁、無臭、さらに風寒証の頭痛に多用される。寒熱両証に使用可能。つまった物を通すにはある程度の温性が必要。[葛根湯加川芎辛夷(風寒)][辛夷清肺湯(風温)]
      (帰経は陽明グループ)

    生姜しょうきょう
    辛 微温 肺脾胃 ショウガ科ショウガの根茎
      生姜 ショウキョウ

    1. 発汗解表(温肺)
    2. 風寒表証で悪寒発熱、頭痛、鼻閉などに使用される。解表薬は弱く、主に他の辛温解表薬の補助薬として用いられる。

    3. 温中・止嘔(根→脾)
    4. 胃を温め胃気を降ろし湿を取り除くことで、悪心、嘔吐を止める。そのため、『嘔家の聖薬』といわれる。寒熱両証に使用可能。姜汁を使うとさらに嘔吐をとる作用が増す。

    5. 解毒
    6. 半夏、天南星、附子、烏頭などの毒性や刺激性を緩和する。肉を食べるときの解毒(吉野家の牛丼のショウガ)

    辛凉解表薬

    風温証・風熱証使用薬

    薄荷はっか
    辛 凉 肺肝 シソ科ハッカなどの地上部
      薄荷 ハッカ風熱の邪を透散する。芳香性で軽く浮いて上昇し頭部疾患に多用される。

    1. 発散風熱
    2. 最も一般的な診療解表薬で、風熱を散じる。辛凉解表薬中、発汗解表薬は最も強い。風熱表証の熱感、軽度悪寒、咽頭痛、微発汗などに使用される。原則的に実証に使用される。[銀翹散]

    3. 清頭目
    4. 頭や目の熱を冷まし明瞭にする。[川芎茶調散]

    5. 清利咽喉
    6. 咽頭の熱を冷まし流暢に呼吸させる。風熱による咽頭の発赤腫脹、疼痛、嗄声などに使用される。

    7. 透疹 
    8. 風熱を散じるときに熱毒を排出することにより、透疹させる。麻疹の初期や湿疹が出きらないもの、風熱の発疹などに使用される。止痒作用もある。

    9. 疏肝解鬱
    10. 芳香発散性により気を巡らせて鬱を開く。薬力は弱い。肝気鬱結証に対して補助的に使用される。[加味逍遥散]
      [注意]発汗性が強く、陰虚火旺証や表虚証の自汗には禁忌。

    牛蒡子ごぼうし
    辛苦 寒 肺胃大腸 キク科ゴボウの果実
    1. 発散風熱・清利咽頭
    2. 咽頭の熱を冷まし流暢に呼吸させる。また解毒作用もあり、風熱により咽頭の発赤腫脹、疼痛などに多用される。また嗄声などにも使用される。[銀翹散,柴胡清肝湯]

    3. 清肺熱
    4. 肺熱を除き、肺気をよく流通させ(宣肺)、痰の喀出を容易にし(去痰)、よく止咳する。風熱咳嗽のほかに陰虚の咳嗽にも使用させる。

    5. 清熱解毒
    6. 優れた清熱解毒作用を有し、風熱や熱毒による咽頭腫脹(扁桃腺炎)や皮膚化膿症などに使用される。

    7. 解毒透疹
    8. 薄荷、蝉退と同様に、風熱を散じるとともに熱毒を排出することにより、透疹される。薄荷より解毒作用に優れる。止痒作用もある。[消風散]

    9. 通暢通便
    10. 便通を促進する。便秘傾向のある風熱表証に用いると良い。

    昇堤中気薬

    柴胡さいこ
    苦辛 微寒 肝胆 セリ科ミシマサイコなどの根
      柴胡 サイコ

    1. 解表退熱
    2. 気を巡らせて(疏泄)、鬱熱を発散し取り除く(退熱)。軽度の発汗作用もある。
      a)傷寒少陽病証の治療薬。半表半裏の邪による往来寒熱、胸脇苦満、口苦、咽頭乾燥、めまいなどに多用される。[小柴胡湯]
      b)表証の外邪が除かれず鬱熱となったための強い身熱、軽度悪寒、頭痛、無汗、心煩、眼痛などに使用される。

    3. 疏肝解鬱
    4. 肝気をよく伸びやかに巡らせ、気滞を除く。肝気鬱結のための胸腹部痞満、季肋部脹痛、乳房のしこり、月経前乳房腫脹、抑うつ気分、焦燥感、月経不調などに使用される。[加味逍遥散、四逆散,大柴胡湯]

    5. 升挙陽気
    6. 清陽の気を上らせることで、下に墜ちた気(下陥の気)を引き上げる。脾虚中気下陥証による脱肛、子宮脱、慢性の下痢、めまい、立ちくらみ、下垂感、倦怠感、息切れ、頻尿、ほてり感などに使用される。[補中益気湯,乙字湯]
      [注意]昇散の性質が強く、陰や気を消耗しやすい。そのため過度の陰虚証や陰虚火旺証、肝陽上亢証、氣逆証には禁忌。また、適時滋陰補血薬や柔肝薬(白芍、当帰など)を配合すべきである。

    葛根かっこん
    甘辛 平 脾胃 マメ科クズの周りの皮を除いた根
      葛根 カッコン浮性があり、外表では退熱や透疹により表邪を去り、内では升陽、生津により口渇と下痢を止める。

    1. 解肌退熱
    2. 軽度の発汗作用があり、鬱熱を発散させる。生津により筋を緩める作用があるため、項背の強ばり、口渇を伴う外感表証に多用される。そのほか発熱悪寒、鼻腔乾燥、頭痛、口渇を伴う外感表証に使用可能。

    3. 透疹
    4. 発散作用により鬱した毒を皮膚の表面に出したり、肌そうの熱邪を取り除く発熱、口渇や下痢などを伴う麻疹の初期に多用される。[升麻葛根湯]

    5. 昇陽止瀉
    6. 脾胃の気を上昇させることで下痢を止める。湿熱や脾虚の下痢に多用される。[葛根黄連黄ごん湯]

    7. 生津止渇
    8. 津液を潤し(生津)口渇を止める。口渇を伴う外感表証や消渇などに多用される。

    升麻しょうま
    甘辛 微寒 脾胃肺 キンポウゲ科サラシナショウマまたはその他同属植物の根茎
      清熱解毒作用を有する升陽薬

    1. 発表透疹
    2. 風熱を発散し、さらに透疹する。だが、発表発散作用は弱く、主に麻疹の初期に使用される。[升麻葛根湯]

    3. 升堤陽気
    4. 脾胃の陽気を引き上げる。
      a)脾虚の中気下陥証に多用される。適応症、配合薬は柴胡(相須)と同様。
      b)気虚が下陥し血が保持不能(気不摂血)となったための不正出血、過多月経などに使用される。

    5. 清熱解毒
    6. 肺胃の熱を冷まし解毒する。
      a)胃火亢進による歯痛、口内炎などに使用される。[立効散]
      b)風熱による咽頭の発赤腫脹疼痛に使用される。
      c)温病の発斑や皮膚化膿症に使用される。

    コメントは受け付けていません。