補血薬・補陰薬・収斂薬


補血薬

心肝の血を補う。 甘(→滋補作用)、微温が多い。

例外 白芍薬→微寒性

  1. 常用補血薬 補血作用にすぐれ、粘膩性が強い。
  2. 当帰、芍薬、熟地黄、阿膠

  3. 温和補血薬 粘膩性が弱く、薬性が温和。
  4. 何首烏、竜眼肉

常用補血薬

当帰とうき
甘辛 温 肝心脾 セリ科トウキの根
    当帰 トウキ

  1. 補血
  2. 滋潤性があり、優れた補血作用を有し、特に心と肝の血をよく補う。[四物湯]

  3. 活血調経・止痛
  4. 補血とともによく血を巡らせ、月経を調整(調経)し[温経湯,当帰芍薬散]、止痛する。[当帰建中湯,当帰四逆加呉茱萸生姜湯]

  5. 潤腸通便
  6. 潤性があり、血虚証や虚弱体質・老人・産後などの腸燥や虚秘の便秘に使用される。

  7. 生肌
  8. 腫脹を緩和し止血し、排膿を促進し傷口修復を促進する。気虚証や血虚証の化膿遅滞・排膿後の傷口回復不良などに使用される。外科の常用薬。
    注意甘味で潤腸性があり、湿証・胃腸虚弱者.脾虚証の下痢には禁忌。

芍薬しゃくやく
苦酸 微寒 肝脾 ボタン科シャクヤクなどの根
    芍薬 シャクヤク

  1. 養陰柔肝平肝
  2. よく肝血肝陰を補う。微寒性であり血虚内熱に適する。[四物湯]

  3. 柔肝緩急止痛
  4. 肝の陰血を補うこと(柔肝)で気を緩め、気滞を改善して止痛する。肝血虚や肝陰不足に伴う肝気鬱結証の季肋部脹満痛・月経前乳房脹満痛・筋肉痙攣[芍薬甘草湯]・腹痛下痢[芍薬甘草湯]などに使用される。

  5. 斂陰収斂止汗
  6. 陰液を保持し汗の漏れを防ぐ。[桂枝湯]

    「立てば芍薬,座れば牡丹, 歩く姿は百合の花」

熟地黄じゅくじおう
甘 微温 肝腎 ゴマノハグサ科カヤジオウなどの根を酒で蒸したもの
  1. 補血
  2. よく心肝の血虚を補い、一切の血虚証に使用される。[四物湯]

  3. 滋陰補精
  4. 腎陰を補い腎精を生じさせる。滋補肝腎の代表薬。[六味丸]
    注意粘膩性強く消化を妨害しやすい。

阿膠あきょう
甘 平 肺肝腎 ウシ、ブタなどの哺乳動物の皮、骨、腱、靭帯から造られたゼラチン:「コラーゲン」
    阿膠 アキョウ

  1. 補血止血
  2. 優れた補血作用とともに、良好な収斂止血作用を有する。[きゅう帰膠艾湯,温経湯]

  3. 滋陰潤燥
  4. 肝・腎・肺の陰を補い乾燥を潤す。(潤肺)[炙甘草湯]
    注意粘膩性強く消化の障害を起こしやすい。

温和補血薬

何首烏かしゅう
甘苦渋 微温 肝腎 タデ科ツルドクダミの塊根
  1. 養血滋陰
  2. 陰血をよく補う、温性と燥性は弱く、熟地黄のような粘膩性も少なく、薬性の温和な補血薬。

  3. 潤腸通便
  4. 腸を潤し気を降ろし排便を促進する。

  5. 解毒
  6. 慢性化した陰虚証の皮膚化膿症・瘰癧などに使用される。補血することで風湿邪を去り止痒する。[当帰飲子]

竜眼肉りゅうがんにく
甘 温 心脾 ムクロジ科リュウガンの仮種皮
レイシに似た丸い果実の中に大きな黒い種子があり、竜の目にたとえて竜眼という。直径2cmくらいの球形の果実で、淡黄色のやや硬い果皮の中に黒渇色の種子を包んだブドウの果肉のような白い仮種皮があり、この果肉を竜眼肉という。
    竜眼肉 リュウガンニク

  1. 補益心脾
  2. よく心血を補い脾気の力を高める。

  3. 養血安神
  4. 心血を補い心神を安定させる。思慮過度による心血虚や心脾両虚証の動・不眠・健忘・全身倦怠などに使う。[帰脾湯]

補陰薬

肺胃と肝腎の陰虚証に使用される。

甘味(→滋補作用)、寒性(虚熱に対して)が多い。

  1. 養肺胃陰薬:肺と胃の陰液を主に補う薬物。
  2. 麦門冬、天門冬、浜防風(北沙参)、百合

  3. 滋補肝腎陰薬:肝腎の陰液を補う薬物。
  4. 山茱萸

麦門冬ばくもんどう
甘微苦 寒 心肺胃 ユリ科ジャノヒゲなどの根の膨大部
    麦門冬 バクモンドウ

  1. 養陰潤肺
  2. 肺陰を滋養し肺陰を潤すが、天門冬に比べて滋陰作用は弱い。肺陰虚証や肺燥、肺熱、肺癆などによる乾咳、無痰や粘性少痰、血痰、喀出困難な痰、少苔、無苔、乾燥舌、紅色舌など、天門冬と同様な病態状態に使用される。そのほか氣逆性の咳嗽にも使用される。清熱作用があり、陰虚鬱熱による咽頭痛、咽頭発赤などに使用される。[麦門冬湯,滋陰降火湯]

  3. 養胃生津
  4. 胃陰を潤し津液をよみがえらせ、胃熱を去り、口渇を止める。

  5. 養心陰、清心火
  6. 心陰を滋養し心火を冷まし、心神を安定させる。[清暑益気湯]

天門冬てんもんどう
甘苦 寒 肺腎 ユリ科クサスギカズラのコルク化した外層の大部分を除いた根を通例、蒸したもの
薬としての効能が麦門冬(バクモンドウ)と同じであることから天門冬になったと言われている。
    麦門冬に比べ寒性と滋陰潤燥作用が強く、また腎陰を滋養する。だが養心清心火作用はなく養胃陰作用も弱い。

  1. 養陰清肺
  2. 肺陰を滋養し、肺熱を冷まして降ろす。麦門冬より、より熱性や燥性が強い病態(燥邪化火)に適する。[滋陰降火湯]

  3. 滋補腎陰
  4. よく腎陰を滋養し熱を冷まし降ろす。(降火)

浜防風はまぼうふう
甘苦 微寒 肺胃 セリ科ハマボウフウの根及び根茎
浜辺では水分がすぐ乾いてしまうので、根は地上部の10倍くらい長く地下まで伸ばしている。これで地下の水を吸い上げる。また、根が深くはびこることで浜辺の砂が風で飛び散るのを防ぐことから「浜防風」の名がついた。砂丘を風から防ぐ。
  1. 養陰潤肺
  2. 肺陰を滋養し、肺熱をさます。[清上防風湯]

  3. 養胃生津
  4. 胃陰を補い津液をよみがえらせる。

    麦門冬と沙参の鑑別
    類似点養陰潤肺作用と養胃生津作用がある。
    相違点麦門冬:心火を冷ます作用があり、陰虚内熱の煩躁不眠などに使用される。
    沙参:軽度だが益気作用がある。

収斂薬

体内より流出する汗、血、大便などの液体成分を止める、すなわち収斂固渋作用をする薬物をいう。

よく収め、よく生じる、渋酸味に包括する、収斂固渋作用が多い。

山茱萸さんしゅゆ
酸 微温 肝腎 ミズキ科サンシュユの果実
    山茱萸 サンシュユ

  1. 補肝腎陰
  2. 肝血と腎精を滋養する。補肝陰作用にも優れるが、微温性であり腎精の補充を通して腎陽をも補う。肝腎陰虚のめまい、頭重、腰下肢倦怠感、耳鳴りや腎陰陽両虚証の尿失禁、陽萎、遺精などにも使用される。また肝腎陰虚の骨蒸潮熱などにも用いられる。[六味丸]

  3. 収斂固渋
  4. 良好な収斂固渋作用を有する。主に下焦の滑脱症(遺精、尿失禁、過多月経、崩漏、五更瀉)に使用される。

五味子ごみし
酸 温 肺腎心 マツブサ科チョウセンゴミシの果実
補益作用と潤性を有する広範囲に使用可能な重要収斂薬。特に肺腎両虚証に使用され、かつ虚脱症にも使用可能。
    五味子 ゴミシ

  1. 収斂固渋
    1. 斂肺止嗽:上逆した肺気を収めることで、咳嗽を止め、呼吸困難や促迫を改善する。(平喘)[小青竜湯,苓甘姜味辛夏仁湯]
    2. 渋精縮尿:遺精、尿失禁などに。
    3. 渋腸止瀉:大腸より便の漏れを防ぎ(渋腸)、下痢を止める。
    4. 斂汗:皮膚を引き締めることで汗を止める。陰陽両虚のいずれの自汗や盗汗に使用可能。
  2. 益気生津
  3. 益気するとともに津液を潤し口渇を止める。[清暑益気湯]

  4. 寧心安神
  5. 心陰を滋養し心神を安定させる。また補腎作用もある。心腎陰虚による心神不安の動悸、不眠多夢、健忘などに使用させる。
    五味子と酸棗仁の鑑別
    類似点生津止渇、止汗作用を有す。安神作用を有し、陰血不足による動悸、不眠、煩躁などに使用される。
    相違点
    五味子:心陰と腎気を補うことで安神作用を発揮する。また、止咳、固精、縮尿、止瀉などの広範囲な収斂固渋作用を有する。
    酸棗仁:心陰と肝血を補うことで安神作用を発揮する。

蓮子肉れんしにく
甘渋 平 脾腎心 スイレン科ハスの種子
  1. 益腎固精・止帯
  2. 脾腎の機能を高め、精液、帶下、尿をもらさない。

  3. 健脾止瀉
  4. よく脾の運化作用を高め益気し、胃の機能を調節し(開胃)、下痢を止め食欲を増進する。[啓脾湯]

  5. 養心安神
  6. 心を養い腎を養い、心腎の交通を良好とする。[清心蓮子飲]

コメントは受け付けていません。