夏ばての漢方


夏ばての漢方についてお話しします。

夏ばてといっても、いろいろあります。
今回は、暑さによる不調、水の飲み過ぎによる不調、クーラーによる不調にわけて、お話しします。

暑さによる不調

一番よくあるのは、暑さそのものによる不調です。
熱さ(暑熱)によって、気(エネルギー)と津液(体に必要な水)を消耗することで不調を来します。
このときは、消耗された気と津液を保護する薬を使用します。
また、夏は暑さだけでなく湿気もとてもつよいため、暑さと湿気によって体の不調を来すことがあります。
この暑さと湿気が両方あるときの状態を暑湿病と言います。
このときは、微熱があってよく眠れなくて、体がおもだるくて、なかなか治らない皮疹などを伴います。

症状 処方
だるくて疲れて食欲が低下するとき 清暑益気湯など
熱くて、喉が渇いて、汗が一杯でて、疲れる 白虎加人参湯など
喉が渇いて、手足に汗が多くて、アセモが多い、便がゆるい 猪苓湯など
熱くてよく眠れない、胃が不調 黄連解毒湯など

水の飲み過ぎによる不調

つぎに多いのは、暑いのでつい水を取り過ぎたり、冷たいものを食べ過ぎて不調となることです。冷たいものの摂取は、胃を冷やしてしまい、胃腸の機能を低下させてしまいます。胃腸の機能が低下すると、胃腸から水が吸収されにくくなり、いつまでもお腹のなかでタプタプと残ってしまいます。胃腸にたまっている水は皮膚までめぐらず、発汗に利用できません。発汗が十分出来ないと、皮下に熱にこもってしまい、かえった暑さにまいってしまいます。(夏ばてを防ぐなら、温かい飲み物をのんで、汗をかくのがおすすめです。)そうはいっても、外食するとすぐに氷入りの水が出てくる日本に住んでいると、どうして冷たい飲み物をも摂取してしまいがちです。水の飲み過ぎによる夏ばてならば、水の巡りをよくして、水分の分布の異常を改善し、胃腸機能も改善する必要があります。

症状 処方
むかむかして、喉がかわく 五苓散など
ふらふらして、めまいがして、動悸がある 苓桂朮甘湯など
ふらふらして、めまいがして、食欲がなくなる 半夏白朮天麻湯など
熱くてよく眠れない、胃が不調 黄連解毒湯など

クーラーによる不調

最後に、もともと冷え症の人が、会社など自分の意思と反してクーラーなどが過剰にかかっていて、調子をくずすことがあります。このときは、(夏なのに)体の内部をあたためたり、皮膚の発汗や体温維持機能を強化する場合があります。

症状 処方
クーラーの寒さが苦手でくびや背中がざわざわする 桂枝湯など
クーラーのせいで足が冷えて寝付きが悪い。お腹がゆるくなる。ともかくだるくて仕方ない。 真武湯など

コメントは受け付けていません。